コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経営史 けいえいし

2件 の用語解説(経営史の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けいえいし【経営史】

企業経営の歴史の研究は,20世紀初期からドイツ歴史学派経済学の著作やイギリス産業革命史研究のなかで徐々に手がけられていた。経営史学社会経済史学とは別個の学問として独立したのは,1920年代中ごろ,ハーバード大学経営学大学院で経営史の講座が開設されてからである。その初代教授グラスN.S.B.Gras(1884‐1956)は,企業経営の歴史を社会経済的諸条件の変遷に即して考察するのではなく,企業内部の諸組織,諸機能に即し,経営政策,経営指揮,経営統制などビジネス・アドミニストレーションそのものを研究するという経営史学の立場を確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経営史
けいえいし
business history

広義の経営史は、狭義の経営史と企業者史entrepreneurial historyの両者を含むものをいう。狭義の経営史は、個別企業の経営管理の内容がどのように発展してきたかを考察の中心に置く企業史である。
 狭義の経営史の開拓者は、ハーバード経営大学院のグラースN. S. B. Gras(1884―1956)で、この流れは、1925年の経営史学会の創設、27年のハーバード経営大学院における経営史講座の創設、38年の経営史学会『会報』から『経営史評論』Business History Reviewへの発展などによって、その制度的基盤を確立した。グラースの研究は、主著『経営と資本主義』(1939)に集大成されたが、その流れは、ラーソンH. M. Larson、ハイディM. E. Hidyらによって継承され、経営史研究基金の支援のもとにスタンダード石油などの大企業史を取りまとめることにより、一つの頂点を形成するに至る。
 他方、企業者史の源流は、企業者を経済発展の主要因であるとするシュンペーターにある。このような企業者史的接近は、ハーバード大学での彼の門下生ロソフスキーH. Rosovskyにより展開され、1948年の同大学企業者史研究センターの創設により本格化する。このセンターの刊行した研究双書は企業者史研究の代表的業績をなしている。
 1960年代になると、以上の二つの接近を統合しようとする努力が現れてくる。その代表的人物がチャンドラーA. D. Chandler, Jr.(1918― )である。彼はハーバード大学史学科の出身で、企業史(狭義の経営史)のなかで育ったが、従来の企業史が個別企業に傾斜して一般化を怠っていることを批判し、同時に特定企業者を超える主体として組織の観点を導入することにより、二つの流れの統一を図ろうとし、経営史に新天地を開拓することに成功した。その代表的業績は『経営戦略と組織』(1962)と『経営者の時代』(1977)である。[森本三男]
『米川伸一著『経営史学』(1973・東洋経済新報社) ▽大河内暁男著『経営史講義』(1991・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

経営史の関連情報