コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指定金銭信託 していきんせんしんたく

百科事典マイペディアの解説

指定金銭信託【していきんせんしんたく】

運用方法を貸付金,割引手形,公社債,銀行預金など一定範囲に指定した金銭信託。実際には委託者信託約款記載の運用方法を承認し,具体的運用を信託会社に一任するもの。
→関連項目年金信託

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

指定金銭信託
していきんせんしんたく

金銭信託」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の指定金銭信託の言及

【金銭信託】より

… 金銭信託には次の三つがある。(1)無指定金銭信託 法令上運用の種類・範囲が限定され,その結果,妙味ある運用がなしえないため実例は皆無である。(2)特定金銭信託 運用方法を特定した金銭信託で,金銭を信託する際に受託者(信託銀行など)に対し運用の目的物と条件(融資先の名称,金額,期間,利率,担保など)を確定して指示するものである。…

※「指定金銭信託」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

指定金銭信託の関連キーワード社内預金引当信託年金投資基金信託臨時金利調整法商品ファンド貸付信託

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android