コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指導票制度 しどうひょうせいどinstruction card system

2件 の用語解説(指導票制度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

指導票制度
しどうひょうせいど
instruction card system

効率的,計画的な生産活動の実現をはかるため企業が行う作業管理の一方法。工場では生産計画に基づいて日程を立て,各作業者に毎日の作業内容を指導票によって指示し,全体的な管理統制をはかる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

指導票制度
しどうひょうせいど
instruction card system

企業がその生産活動を計画的かつ効率的に推進するため、作業管理の手段として指導票を用いるシステムをいう。指導票制度を考案し、それを作業管理に導入したのは、F・W・テーラー科学的管理法であった。指導票には、作業の内容、手順、手段、方法が詳細に記入され、これに従って作業を遂行すれば、全体としての作業計画が確保されることになる。指導票に記載されている項目には、作業名、原材料、使用する治工具・機械、図面番号、見取図、作業の開始時間、標準作業時間、機械の操作法、作業者の要件などがある。指導票を用いる管理は、工場においてのみでなく、事務作業にも応用できる。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone