コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指導票制度 しどうひょうせいど instruction card system

2件 の用語解説(指導票制度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

指導票制度
しどうひょうせいど
instruction card system

効率的,計画的な生産活動の実現をはかるため企業が行う作業管理の一方法。工場では生産計画に基づいて日程を立て,各作業者に毎日の作業内容を指導票によって指示し,全体的な管理統制をはかる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

指導票制度
しどうひょうせいど
instruction card system

企業がその生産活動を計画的かつ効率的に推進するため、作業管理の手段として指導票を用いるシステムをいう。指導票制度を考案し、それを作業管理に導入したのは、F・W・テーラー科学的管理法であった。指導票には、作業の内容、手順、手段、方法が詳細に記入され、これに従って作業を遂行すれば、全体としての作業計画が確保されることになる。指導票に記載されている項目には、作業名、原材料、使用する治工具・機械、図面番号、見取図、作業の開始時間、標準作業時間、機械の操作法、作業者の要件などがある。指導票を用いる管理は、工場においてのみでなく、事務作業にも応用できる。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

指導票制度の関連キーワード都市計画法インダストリアルパーク計画的効率的生産都市計画道路農業環境規範農業経営の展望農業構造の展望活動分析

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone