コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指物・差物・挿物 さしもの

大辞林 第三版の解説

さしもの【指物・差物・挿物】

昔、武士が戦場で目印のため、鎧よろいの背などにさしたり、従者に持たせたりした小旗や飾り物。背旗。 「旗-」
板を細かにさしあわせて作った器具。机・簞笥たんす・障子・箱などの類。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

指物・差物・挿物の関連キーワード飾り物たんす戦場器具背旗目印障子従者小旗武士

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android