コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挟み詞/挿み語 ハサミコトバ

デジタル大辞泉の解説

はさみ‐ことば【挟み詞/挿み語】

文章の間に挟み込む言葉。挿入句。
江戸時代、多く遊里で行われた隠語の一種。言葉の各音節の間に、他の音節を挟んでいうもの。ふつう前の音と同じ段のカ行の音節を挟む。「あきれたひと」を「あカきキれケたカひキとコ」というなど。のちに、子供の言葉遊びとなり、現代ではバ行音を挟むものなどがある。唐言(からこと)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

挟み詞/挿み語の関連キーワード一字挟み入れ詞挿入句

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android