コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

振(り)捨てる フリステル

デジタル大辞泉の解説

ふり‐す・てる【振(り)捨てる】

[動タ下一][文]ふりす・つ[タ下二]
気持ちなどをきっぱりと絶つ。思い切って捨てる。また、すげなく置き去りにする。「妻子への思いを―・てる」
神輿(みこし)などを担いでいって置き去りにする。
「紫宸殿、清涼殿などに―・てまゐらせて、山法師はのぼりぬ」〈増鏡・老のなみ〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

振(り)捨てるの関連キーワード清涼殿

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android