コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

振袖柳 フリソデヤナギ

デジタル大辞泉の解説

ふりそで‐やなぎ【振袖柳】

ヤナギ科の落葉低木。枝は赤みがかり、葉は長楕円形。雌雄異株冬芽は赤く、早春、葉より先に、白毛に覆われる雄花の穂をつける。切り花用に栽培。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふりそでやなぎ【振袖柳】

生花用に栽培されるヤナギの一種。葉は長さ約8センチメートルの長楕円形。雌雄異株。尾状花序は初め赤色の芽鱗がりんにおおわれるのでアカメの俗称がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

振袖柳 (フリソデヤナギ)

学名:Salix ×leucopithecia
植物。ヤナギ科の落葉低木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

振袖柳の関連キーワード尾状花序ヤナギアカメ俗称

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android