コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掃引発振器 そういんはっしんきsweep generator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

掃引発振器
そういんはっしんき
sweep generator

発振周波数が自動的に一定の割合で連続的に変化していくことを繰返す発振器。周波数を変えるには,発振回路のインダクタンスや容量をスイープモータや鉄心の磁気飽和,リアクタンス管,可変容量ダイオードなどを使って変化させる方法が用いられる。この発振器とオシロスコープとを組合せて使うと,装置や回路の周波数特性が直視できるので,試験や調整に便利である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

掃引発振器の関連キーワード後進波管

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android