コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掌編小説 ショウヘンショウセツ

デジタル大辞泉の解説

しょうへん‐しょうせつ〔シヤウヘンセウセツ〕【掌編小説】

短編小説よりさらに短い形式の小説。掌(てのひら)の小説。中河与一が命名した語。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうへんしょうせつ【掌編小説】

ごく短い小説。掌編。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の掌編小説の言及

【コント】より

…19世紀に入ってバルザックの《コント・ドロラティク(風流滑稽譚(こつけいたん))》やフローベールの《トロア・コント(三つの物語)》などが生まれたが,とりわけモーパッサンがこの形式を愛用した。日本では掌編小説,小品とも訳され,風流を取りこんだ日常観察の断片や,気のきいた風刺や諧謔(かいぎやく)味のある短編をさす。江戸小咄などの楽しい語りの伝統を受け継いだ近代的な文学ジャンルといえる。…

※「掌編小説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

掌編小説の関連キーワードテイパン・マウン・ワソクラテスの妻ムロジェク短編小説新感覚派コント掌編

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

掌編小説の関連情報