コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中河与一 なかがわ よいち

8件 の用語解説(中河与一の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

中河与一

小説家。香川県生。『愛恋無限』によって、第一回透谷賞受賞。作品はいずれも愛の永遠性と純粋性を主題としている。主な作品に『天の夕顔』『刺繍せられたる野菜』『海路歴程』等。平成6年(1994)歿、97才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なかがわ‐よいち〔なかがは‐〕【中河与一】

[1897~1994]小説家。香川の生まれ。川端康成横光利一らと「文芸時代」を創刊。新感覚派の旗手として活躍。戦時下は民族主義に傾いた。作「天の夕顔」「失楽の庭」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

中河与一【なかがわよいち】

小説家。香川県生れ。早大英文科中退。《朱欒(ザンボア)》に短歌を投稿,1922年,歌集《光る波》を刊行。その後《文芸時代》の創刊に参加,《刺繍せられた野菜》などで新感覚派一人として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中河与一 なかがわ-よいち

1897-1994 大正-昭和時代の小説家。
明治30年2月28日生まれ。大正13年川端康成,横光利一らと「文芸時代」を創刊し,新感覚派の旗手となる。のち叙情的作風にうつり,昭和13年の「天の夕顔」はきよらかな恋愛小説として人気をえた。戦時中は超国家主義の立場にたった。妻は歌人中河幹子。平成6年12月12日死去。97歳。東京出身。早大中退。作品はほかに「愛恋無限」「失楽の庭」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

なかがわよいち【中河与一】

1897‐1994(明治30‐平成6)
小説家。香川県坂出町に医師の長男として出生。少年時代北原白秋編集の《朱欒(ザンボア)》に短歌を投稿。1919年早大予科文学部に入学,21年英文科に進む。翌22年中退,同年歌集《光る波》刊。《或る新婚者》で文壇の評価を得た。24年10月,横光利一,川端康成らと《文芸時代》を創刊し,新感覚派運動を興す。この期の代表作は《刺繡せられた野菜》《氷る舞踏場》。30年《形式主義芸術論》を世に問い,同年月刊雑誌《新科学的》を創刊。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

なかがわよいち【中河与一】

1897~1994) 小説家。香川県生まれ。早大中退。新感覚派のモダニズム文学から出発。青年の人妻への純愛を抒情的に描く「天の夕顔」が代表作。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中河与一
なかがわよいち

[生]1897.2.28. 香川,坂出
[没]1994.12.12. 神奈川,箱根
小説家。 1922年早稲田大学英文科中退。 23年菊池寛に認められて『文藝春秋』編集同人。 24年『文芸時代』を横光利一,川端康成らと創刊,知的な発想と奔放華麗な文体で新感覚派運動の代表作家となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中河与一
なかがわよいち
(1897―1994)

小説家。香川県に生まれる。早稲田(わせだ)大学英文科中退。初期には短歌に興味を示す。小説家として評価を得るのは1923年(大正12)の『或(あ)る新婚者』(のちに『新婚者』と改題)からである。24年に川端康成(やすなり)、横光利一(りいち)らと『文芸時代』を創刊。『刺繍(ししゅう)せられた野菜』(1924)、『氷る舞踏場』(1925)を発表し、新感覚派の旗手としてモダニズム時代を築く。評論活動も精力的に行うが、しだいに叙情的作風に移行し、『(ろう)たき花』(1933)、『愛恋無限』(1935~36)に続いて38年(昭和13)には代表作『天(てん)の夕顔』を発表する。戦時下には民族主義の立場をとる。戦後の作に『失楽の庭』(1950)、『悲劇の季節』(1952)、『探美の夜』(1956~59)がある。[高橋真理]
『『中河与一全集』全12巻(1966~67・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の中河与一の言及

【新感覚派】より

…文学流派。1924年(大正13)10月に同人雑誌《文芸時代》(1927年5月終刊)が創刊され,そこに結集した横光利一,川端康成,中河与一,今東光,片岡鉄兵らがこの名で呼ばれ,表現技法の革新を行った。命名者は千葉亀雄で《世紀》24年11月号誌上の文芸時評で〈新感覚派の誕生〉をうたったことによりこの名が文壇に定着した。…

※「中河与一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中河与一の関連情報