コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

排臨 はいりん

妊娠・子育て用語辞典の解説

はいりん【排臨】

分娩時、「うーん」といきむたびに赤ちゃんの頭のてっぺんから見えたり隠れたりする状態をいいます。

出典 母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はいりん【排臨 apearing】

分娩の進行につれて胎児産道(子宮頸管ならびに腟)をしだいに下降し,骨盤底に到達し,産道の出口部に見え隠れするようになる。このころになると,陣痛発作(子宮収縮)時には腟口から胎児の最も先進している部分が膨隆して見え,陣痛が休止している間欠時には引き込んで見えなくなる状態になる。この状態を排臨という。経産婦ではこの状態の期間は短く,まもなく胎児は娩出されるが,初産婦では外陰とくに会陰の筋肉および皮膚の抵抗が大きいために時間がかかる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の排臨の言及

【出産】より

…しかし間欠時には児頭は後退して見えなくなる。これを排臨(はいりん)という。陣痛がさらに加わると,児頭は陰裂の間に陥入して間欠時にも後退しなくなる。…

【発露】より

…分娩が進行して胎児が産道内を下降し,出口部すなわち腟口に見え隠れする状態(排臨)を経て,ついに陣痛の休止している時期(間欠時)にも中へ引き込まなくなった状態をいう。産婦の苦痛は頂点に達し,疼痛のために無意識にいきむようになり,ときに大声を発し,全身を痙攣(けいれん)させるように腹圧をかける(いきむ)。…

※「排臨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

排臨の関連キーワード発露出産

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android