発露(読み)はつろ

精選版 日本国語大辞典「発露」の解説

はつ‐ろ【発露】

〘名〙 あらわして隠さないこと。気持や心のうちなどが自然に外にあらわれること。また、隠していた犯罪などがあらわになること。ほつろ。発覚。露顕
※太平記(14C後)二四「発露(ハツロ)涕泣して罪障を懺悔するに猶を堪へず」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉三二「悪事忽ち発露(ハツロ)し遂に獄に繋がる」 〔後漢書‐何進伝〕

ほつ‐ろ【発露】

〘名〙 犯した罪やよこしまな心のうちを隠さず明らかにすること。告白して隠さないこと。気持をうちあけること。はつろ。
※霊異記(810‐824)中「余罪の後生の世に至らむことを恐り、是を以て慙発露す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「発露」の解説

はつ‐ろ【発露】

[名](スル)心の中にあるものや隠していたことがおもてに現れ出ること。また、現し出すこと。「真情発露する」
「悪事忽ち―し遂に獄に繋がる」〈織田訳・花柳春話
[類語]発揮発現流露出るにじみ出る現れる出現現れ現出実現発祥再現輩出誕生現前具現顕現体現示現開示出土日の目を見る

ほつ‐ろ【発露】

犯した罪を隠さず告白すること。
「五体を地に投げ、―啼泣ていきふし給ひしかば」〈平家・一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

妊娠・子育て用語辞典「発露」の解説

はつろ【発露】

分娩時、赤ちゃんが腟から見えたままになった状態(ひっこまない)をいいます。もうすぐお誕生です。

出典 母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(母子愛育会総合母子保健センター所長)、子育て編:渡辺博(帝京大学医学部附属溝口病院小児科科長)妊娠・子育て用語辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「発露」の解説

はつろ【発露 crowning】

分娩が進行して胎児が産道内を下降し,出口部すなわち腟口に見え隠れする状態(排臨)を経て,ついに陣痛の休止している時期(間欠時)にも中へ引き込まなくなった状態をいう。産婦の苦痛は頂点に達し,疼痛のために無意識にいきむようになり,ときに大声を発し,全身痙攣(けいれん)させるように腹圧をかける(いきむ)。これを戦慄陣痛という。経産婦では発露の状態は瞬間的にすぎないが,初産婦ではこの期間が長く,数分から十数分に及ぶこともある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「発露」の解説

【発露】はつろ

あらわす。あらわにする。〔三国志、袁紹伝〕紹~を勒(ろく)して閹人(えんじん)(宦官)をへ、少長と無く皆之れをす。或いは鬚(ひげ)無くしてり死(ころ)さるるり。自ら形體を發露し、而る後るるを得るに至る。

字通「発」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の発露の言及

【出産】より

…陣痛がさらに加わると,児頭は陰裂の間に陥入して間欠時にも後退しなくなる。これを発露(はつろ)という。ついで陣痛に加わった強い腹圧により児頭が娩出する。…

【排臨】より

…経産婦ではこの状態の期間は短く,まもなく胎児は娩出されるが,初産婦では外陰とくに会陰の筋肉および皮膚の抵抗が大きいために時間がかかる。この時期を過ぎて,胎児が腟口に露出し,陣痛間欠時にも引き込まなくなった状態を発露(はつろ)といい,まもなく胎児は娩出されるが,排臨から発露にかけては陣痛が著しく,会陰の伸展も高度となるため,産婦の苦痛は頂点に達する。一方,胎児は長時間の分娩経過を経て,娩出直前に強い圧迫を受ける時期なので,この時期が長引くと低酸素状態となり,胎児仮死という状態になりやすい。…

※「発露」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android