コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掘りごたつ ホリゴタツ

2件 の用語解説(掘りごたつの意味・用語解説を検索)

リフォーム用語集の解説

掘りごたつ

床、畳を一部切り取り、その上にこたつを設置したもの。通常のこたつと違い椅子に座る感覚で使用する。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

掘りごたつ
ほりごたつ

畳を切って炉をつくり、熱源を入れて櫓(やぐら)をのせ、ふとんをかぶせる和室向きの暖房装置をこたつという。畳を切らない移動式のものとしては、置きごたつや行火(あんか)がある。日本の冬季用採暖具の代表的なもので、省エネルギーからみても効率が高く、だんらんの中心として大きな役割を果たしてきた。冬季以外の季節には櫓を外して畳を敷く収納式のものもある。椅子(いす)式生活の普及に伴い、腰掛けた姿勢で使用できるように、底面を低くしたものが掘りごたつである。椅子に掛けたときと同じ姿勢になるので、疲労が少なく使いやすいため第二次世界大戦後急速に普及した。
 以前は45センチメートル角のものが使われていたが、最近では90センチメートル角のものが普及してきている。熱源に電気を使用し、セットになった既製品として販売されている。従来のこたつは、背骨が丸くなって生理的にも望ましくないが、掘りごたつは、背筋が伸びて足が疲れないという利点がある。[小原二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の掘りごたつの言及

【こたつ(炬燵)】より

…炬燵,火燵,火闥,火榻などと書くが,日本での造語である。掘りごたつと置きごたつとあり,掘りごたつは囲炉裏から,置きごたつは火鉢から発達している。掘りごたつのほうが古く,室町時代に出現した。…

※「掘りごたつ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

掘りごたつの関連キーワード選り取りおこた上掛取り取り二つ取り掘り炬燵明り取り切取り炬燵掛韮黄

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

掘りごたつの関連情報