コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掘りごたつ ホリゴタツ

2件 の用語解説(掘りごたつの意味・用語解説を検索)

リフォーム用語集の解説

掘りごたつ

床、畳を一部切り取り、その上にこたつを設置したもの。通常のこたつと違い椅子に座る感覚で使用する。

出典|リフォーム ホームプロ
リフォーム用語集について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

掘りごたつ
ほりごたつ

畳を切って炉をつくり、熱源を入れて櫓(やぐら)をのせ、ふとんをかぶせる和室向きの暖房装置をこたつという。畳を切らない移動式のものとしては、置きごたつや行火(あんか)がある。日本の冬季用採暖具の代表的なもので、省エネルギーからみても効率が高く、だんらんの中心として大きな役割を果たしてきた。冬季以外の季節には櫓を外して畳を敷く収納式のものもある。椅子(いす)式生活の普及に伴い、腰掛けた姿勢で使用できるように、底面を低くしたものが掘りごたつである。椅子に掛けたときと同じ姿勢になるので、疲労が少なく使いやすいため第二次世界大戦後急速に普及した。
 以前は45センチメートル角のものが使われていたが、最近では90センチメートル角のものが普及してきている。熱源に電気を使用し、セットになった既製品として販売されている。従来のこたつは、背骨が丸くなって生理的にも望ましくないが、掘りごたつは、背筋が伸びて足が疲れないという利点がある。[小原二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の掘りごたつの言及

【こたつ(炬燵)】より

…炬燵,火燵,火闥,火榻などと書くが,日本での造語である。掘りごたつと置きごたつとあり,掘りごたつは囲炉裏から,置きごたつは火鉢から発達している。掘りごたつのほうが古く,室町時代に出現した。…

※「掘りごたつ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

掘りごたつの関連情報