掛人・懸人(読み)かかりど

  • かかりびと
  • かかりゅうど かかりうど

精選版 日本国語大辞典の解説

※雑俳・軽口頓作(1709)「取にくい・かかり人()箸を夜食迄」
※浄瑠璃・夏祭浪花鑑(1745)三「掛人(カカリド)二人連れて往んだら気に入まい」
〘名〙 他人の家に世話になっている人。居候。食客。かかりゅうど。かかりど。かかりもの。
※板取村家数人数改帳‐寛文四年(1664)(美濃)「一壱人 彌左衛門 年四拾六〈略〉掛人作左 年弐拾壱 〆四人」
〘名〙 「かかりびと(掛人)」の変化した語。
※談義本・花菖蒲待乳問答(1755)二「扨は若後家、かかりふ人(ト)浪人のなぐれ、盲女、かまはらひに至るまで」
※咄本・千里の翅(1773)借金「てまへはかかり人(ウド)になっていたが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android