接続語(読み)セツゾクゴ

デジタル大辞泉の解説

せつぞく‐ご【接続語】

文の接続に用いられ、あとに述べられる事柄が、前に述べられた事柄と、どのような関係にあるかを示す言葉。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せつぞくご【接続語】

文の成分の一。語と語、句と句、文と文とを結び合わせる働きを持つ語または文節。「この品は安い。けれども悪い」の「けれども」などの接続詞類をさす。しかし、これを独立語に含め、成分として立てない考え方もある。また、「この品は安いけれども悪い」の「安いけれども」も接続語に含める考え方もある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

接続語の関連情報