接踵(読み)せっしょう

精選版 日本国語大辞典「接踵」の解説

せっ‐しょう【接踵】

〘名〙 ((くびす)を接するの) 人々が引き続いて往来すること。また、物事が次々に起こること。
※一年有半(1901)〈中江兆民〉附録「而して其内閣は、稍や比肩接踵す可き他の元老を、一切排斥して入れず」 〔戦国策策・昭襄王上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「接踵」の解説

せっ‐しょう【接×踵】

くびすを接する意から》
人々が絶え間なく往来すること。
物事が引き続いて起こること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「接踵」の解説

【接踵】せつしよう

くびすを接する。連続する。〔戦国策、秦四〕夫(そ)れ子兄弟、踵(くびす)を接して秦に死する、百世(累世)なり。本國殘(そこ)なはれ、稷壞(やぶ)れ、(やぶ)る。

字通「接」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android