コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

推薦入学 すいせんにゅうがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

推薦入学
すいせんにゅうがく

高等学校や大学の入学者選抜において,出身学校長の推薦に基づき,学力検査を免除し,調査書をおもな資料として合格判定する方法。高校,大学いずれの場合も,私立学校が早くから実施してきたが,国公立大学,高校にも導入されつつある。推薦入学の学校側の利点は,(1) 特殊な才能や経験をもつ多様な生徒を集められる,(2) 一定数の優秀な生徒を早期に確保できるなどで,生徒にとっては受験勉強に束縛されずに進学できることである。しかし,早期の入学決定が,中学・高校教育に悪影響を与えるという批判もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

すいせん‐にゅうがく〔‐ニフガク〕【推薦入学】

学校が学生・生徒を募集する際、出身学校などの推薦によって入学を許可すること。また、それによる入学。→推薦入試

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

推薦入学の関連キーワードアドミッション・オフィス入試府内の公立高校入試推薦入学制度学校群制度入学試験松元ヒロAO入試試験制度高等学校進路指導ドジ井坂習近平菊池寛内申書地域枠

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

推薦入学の関連情報