揃い(読み)ソロイ

デジタル大辞泉の解説

そろい〔そろひ〕【×揃い】

[名]
そろっていること。欠けたところがないこと。また、そのもの。「全巻揃いの文学全集」
衣服の色や柄などが同じであること。「帽子と揃いのマフラー」
[接尾]
助数詞。ひと組になっているものを数えるのに用いる。「百科事典ひと揃い
《連濁により「ぞろい」とも》名詞に付いて、全体がそればかりであることを表す。「秀才揃い」「力作揃い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そろい【揃い】

[0][3] ( 名 )
そろっていること。すべて集まっていること。 「皆さんお-で、どちらへお出かけですか」 「全巻-で一〇万円」
衣服などの型・色・模様が同じであること。 「 -のゆかた」
( 接尾 )
助数詞。一組になっているものを数えるのに用いる。そろえ。 「花嫁衣装一-」
〔連濁して「ぞろい」とも〕 名詞に付いて、全体がそればかりであることを表す。 「美人-」 「傑作-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

揃いの関連情報