揃い(読み)ソロイ

デジタル大辞泉の解説

そろい〔そろひ〕【×揃い】

[名]
そろっていること。欠けたところがないこと。また、そのもの。「全巻揃いの文学全集」
衣服の色や柄などが同じであること。「帽子と揃いのマフラー」
[接尾]
助数詞。ひと組になっているものを数えるのに用いる。「百科事典ひと揃い
《連濁により「ぞろい」とも》名詞に付いて、全体がそればかりであることを表す。「秀才揃い」「力作揃い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そろい【揃い】

[0][3] ( 名 )
そろっていること。すべて集まっていること。 「皆さんお-で、どちらへお出かけですか」 「全巻-で一〇万円」
衣服などの型・色・模様が同じであること。 「 -のゆかた」
( 接尾 )
助数詞。一組になっているものを数えるのに用いる。そろえ。 「花嫁衣装一-」
〔連濁して「ぞろい」とも〕 名詞に付いて、全体がそればかりであることを表す。 「美人-」 「傑作-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

揃いの関連情報