コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

番い ツガイ

デジタル大辞泉の解説

つがい〔つがひ〕【番い】

《動詞「つがう」の連用形から》
[名]
二つのものが組み合わさって一組みになること。また、そのもの。対。
動物の雄と雌の一組み。また、夫婦。「文鳥を番いで飼う」
からだなどの各部のつなぎ目。関節。
「肘の―を表から、膝頭で圧(お)さえているらしい」〈漱石三四郎
機会。折。
「剃りはてんとする―に、ふと立ち」〈咄・醒睡笑・一〉
[接尾]助数詞。組みになっているものを数えるのに用いる。「ひと番いの鶏」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

番いの関連キーワード何と言ってもシーモンスシーゴラス三番稽古櫻井直美番い目

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

番いの関連情報