描き起し(読み)かきおこし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「描き起し」の解説

描き起し
かきおこし

日本画の制作過程で,彩色の上に入念な仕上げの線描を加えて,対象の輪郭細部を描き出すこと。またその線描をいう。画面全体に絵具を塗り重ねる作り絵に典型的にみられる技法であるが,一般にも人物の目鼻など,重要な部分を線で微妙に描き出すことがよく行われる。逆に描き起しの輪郭線や描線を加えず,彩色や墨の広がりだけで対象をじかに表現する手法を没骨 (もっこつ) 画法,付立法などという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android