コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

描き起し かきおこし

1件 の用語解説(描き起しの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

描き起し
かきおこし

日本画の制作過程で,彩色の上に入念な仕上げの線描を加えて,対象の輪郭や細部を描き出すこと。またその線描をいう。画面全体に絵具を塗り重ねる作り絵に典型的にみられる技法であるが,一般にも人物の目鼻など,重要な部分を墨線で微妙に描き出すことがよく行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

描き起しの関連キーワード無彩色有彩色薄彩色裏彩色仮枠入念彫塗メーキング盛上げ彩色コンクリート打ち放し

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

描き起しの関連情報