コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作り絵 つくりえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

作り絵
つくりえ

日本画の技法用語。構図を定める下当りや下図の墨線を岩絵具による厚い彩色で完全に塗り隠し,最後に仕上げの細い墨線で描き起す (→描き起し ) 。彩色の過程で最初の構図を変更しながら「作り整える」ことから,この名称が生れたと思われる。『源氏物語絵巻』 (徳川・五島本) はその代表的作例である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

つくり‐え〔‐ヱ〕【作り絵】

大和絵の技法の一。墨線で下描きし、その上から彩色を施し、最後に人物の顔貌や衣の輪郭などを墨線で精緻(せいち)に描(か)き起こすもの。平安時代源氏物語絵巻が典型的な例。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つくりえ【作り絵】

墨書きの下絵に、装飾的に彩色を施すこと。また、その絵。 「おもしろき春秋の-などよりも/源氏 若菜上

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

作り絵の関連情報