コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揚州画舫録 ようしゅうがぼうろくYáng zhōu huà fǎng lù

世界大百科事典 第2版の解説

ようしゅうがぼうろく【揚州画舫録 Yáng zhōu huà fǎng lù】

中国,清代18世紀末の揚州(江蘇省)の都市繁盛記。18巻。李斗の著。乾隆60年(1795)の序をもち,30年間揚州に住んだ著者の詳細な見聞をつづる。画舫とは多彩・華麗に仕たてた遊覧船のこと。揚州を12の区域に分け,それぞれに関係する寺院,名勝,風俗,娯楽,人物を列記する。当時塩業の中心地として栄えた揚州塩商や,その後援をうけた学者,文人,芸術家などの貴重な史料を含む。《工段営造録》という建築史料も末巻に加える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

揚州画舫録の関連キーワード満漢全席

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android