コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揚州画舫録 ようしゅうがぼうろくYáng zhōu huà fǎng lù

1件 の用語解説(揚州画舫録の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ようしゅうがぼうろく【揚州画舫録 Yáng zhōu huà fǎng lù】

中国,清代18世紀末の揚州(江蘇省)の都市繁盛記。18巻。李斗の著。乾隆60年(1795)の序をもち,30年間揚州に住んだ著者の詳細な見聞をつづる。画舫とは多彩・華麗に仕たてた遊覧船のこと。揚州を12の区域に分け,それぞれに関係する寺院,名勝,風俗,娯楽,人物を列記する。当時塩業の中心地として栄えた揚州塩商や,その後援をうけた学者,文人,芸術家などの貴重な史料を含む。《工段営造録》という建築史料も末巻に加える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone