コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揚浜式塩田 あげはましきえんでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

揚浜式塩田
あげはましきえんでん

日本古来の製塩設備。満潮面より高い海岸に塩田を設け,海水人力で汲上げて塩田面にまき,太陽熱で水分を蒸発させるというもので,生産性の低い方法であったが,日本海沿岸,関東地方など外洋に面して干満差の少い海岸地帯には入浜式塩田が成立せず,長くこの方式が行われた。能登半島では 1959年まで残存した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の揚浜式塩田の言及

【塩】より

…塩は食塩とも呼ばれるが,化学的には塩化ナトリウムNaClと呼ばれ,ナトリウムイオンと塩素イオンとが規則正しく配列した無色透明の正六面体の結晶で,へき開性もある。製法により結晶の外形も不定形になり,色相も種々の色を呈する。比重は2.2程度,モース硬度は2~2.5,融点は800℃付近,沸点は1440℃,飽和食塩水の氷点は-21℃である。水に対する溶解度は,温度によりほとんど変わらず,20℃で26.4%,100℃で26.9%である。…

※「揚浜式塩田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

揚浜式塩田の関連キーワード塩田(えんでん)流下式塩田仁江海岸珠洲市浜子

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android