コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

損害保険代理店制度

1件 の用語解説(損害保険代理店制度の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

損害保険代理店制度

代理店の資質の向上を図ることを目的とした制度です。火災保険自動車保険または傷害保険医療費用保険および介護費用保険を含む)を取扱う種別代理店とそれ以外の保険のみを取扱う無種別代理店に対する制度をさして、個人資格と代理店種別で構成されています。なお従来のノンマリン代理店制度は、保険業法の改正に伴い損害保険代理店制度に改められました。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

損害保険代理店制度の関連キーワードイベント・マーケティングインシデント・プロセス地域開発老人保健法労働組合(労組)GMC代理店の種別営業職員教育試験制度指定流通機構

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone