コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

損害保険料率

1件 の用語解説(損害保険料率の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

損害保険料率

個々の損害保険契約の保険料を算出する際の尺度となるもので、一般に保険金額1単位に対する保険料の割合を示します。保険料率は、保険の種類および危険の程度などに応じて定められ、火災保険新種保険では保険金額1,000円に対し、海上保険では保険金額100円に対して何円と表示されます。保険料率には算定会が算出する料率(→算定会料率)と各保険会社が算出する料率(業法認可料率)とがあります。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

損害保険料率の関連キーワードポリシーイヤーベーシス保険契約の更改保険契約申込書保険契約の包括移転損害保険料損害保険料率算出団体に関する法律損害保険料率算定会料率団体法保険料率表到達年齢方式

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

損害保険料率の関連情報