コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摩周温泉 ましゅうおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

摩周温泉
ましゅうおんせん

旧称弟子屈 (てしかが) 温泉。北海道東部,弟子屈町の釧路川と鐺別川の合流地点に位置する温泉。泉質は弱食塩泉,単純泉,泉温は 26~96℃。摩周湖屈斜路湖探勝の基地で温泉集落は町の中心集落にもあたる。付近に美羅尾 (びらお) スキー場がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

摩周温泉

北海道川上郡弟子屈町にある道の駅。国道241号に沿う。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

摩周温泉
ましゅうおんせん

北海道東部、釧路(くしろ)総合振興局管内の弟子屈(てしかが)町にある温泉。釧路川に臨む。弟子屈町の行政、交通の中心街にある。泉質は塩化物泉、単純温泉。泉源も多く湯量も豊富である。旧称弟子屈温泉。JR釧網(せんもう)本線弟子屈駅が1990年摩周駅と改称したのに伴い、名称を変更した。同駅下車。[進藤賢一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone