摩擦鉄柱(読み)まさつてっちゅう(英語表記)friction prop

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「摩擦鉄柱」の解説

摩擦鉄柱
まさつてっちゅう
friction prop

炭鉱切羽などで使用される可縮性支保 (→坑内支保 ) の一種。上柱と下柱から成り,これをボックス部のコッタで締付け,その摩擦抵抗により支持力を与える。支持力 10~80t,長さ 500~3400mmのものがある。盤圧 (荷重) を受けたときの可縮の仕方によって,次のようなものがある。 (1) 直線型 可縮初荷重をこえると直線的に支持力を増して座屈荷重に達する。 (2) ゼルボ型 早期に最大荷重点に達し,その後は一定の支持力を保って可縮する。 (3) フォーゲル型 早期に直線型の特性を示し,ある荷重に達すると支持力の増加が緩慢になる。 (4) 可縮初荷重型 最大支持荷重点に達するまでまったく可縮せず,それ以上の荷重に対しては一定の支持力を保持しつつ可縮する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android