コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摩訶僧祇律 まかそうぎりつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

摩訶僧祇律
まかそうぎりつ

中国,東晋代に成立した律蔵,すなわち教団の規集の一つ。仏駄跋陀羅 (ぶっだばっだら) と法顕の共訳。 40巻。大衆部に属する律蔵で,「五分律」とともに原典に基づいた完訳と考えられている。戒文の解釈に重点がおかれ,四波羅夷法は特に詳しく書かれ,また本生物語 (→ジャータカ ) が多数含まれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

摩訶僧祇律の関連キーワード十種供養五部律払子法会律宗

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android