コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏駄跋陀羅 ブッダバッダラ

2件 の用語解説(仏駄跋陀羅の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶっだばっだら【仏駄跋陀羅】

《〈梵〉Buddhabhadraの音写》[359~429]北インドの僧。ガンダーラで学び、中国へ渡り、廬山慧遠のもとで禅経を翻訳・講説した。さらに建業で「摩訶僧祇律」40巻や「華厳経」60巻などを訳出。天竺(てんじく)禅師。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仏駄跋陀羅
ぶっだばっだら
(359―429)

北インド出身の仏教僧。サンスクリット名ブッダバドラBuddhabhadraの音写。また仏陀跋陀羅(ぶっだばっだら)、仏度跋陀羅(ぶっどばっだら)、仏大跋駄(ぶっだいばっだ)、意訳して覚賢(かくけん)、仏賢(ぶっけん)ともいう。出家後、広く群経を学び、戒律も厳格に守り、禅定(ぜんじょう)にも熱心で、神異を現した。のち(けいひん)(カシミール)に遊び仏大先(ぶっだいせん)に禅法を受けた。そこで、中国からきていた智厳(ちごん)の要請により南方海路を経て中国へ渡った。406年(弘始8)長安に至り、当時長安にいた鳩摩羅什(くまらじゅう)と親交を結び、ともに法相(ほっそう)を論じたが、性格があわず誤解された。そこで南方の廬山(ろざん)へ行き、慧遠(えおん)に敬重され、『達磨多羅禅経(だるまたらぜんきょう)』を中国語訳して座禅の普及に努めた。廬山十八賢の一に数えられ、仏陀禅師(ぶっだぜんじ)、天竺(てんじく)禅師ともよばれた。『摩訶僧祇律(まかそうぎりつ)』『華厳経(けごんきょう)』『観仏三昧海経(かんぶつざんまいかいきょう)』など13部125巻を翻訳した。[丘山 新]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の仏駄跋陀羅の言及

【華厳経】より

…漢訳3種およびチベット訳が現存し,サンスクリット本は〈十地品〉と〈入法界品〉の章のみがそれぞれ独立の経典として現存する。漢訳は仏駄跋陀羅(ぶつだばだら)Buddhabhadra訳60巻(418‐420),実叉難陀(じつしやなんだ)Śikṣānanda訳80巻(695‐699),般若(はんにや)Prājñā訳40巻(795‐798)で,同名のため,巻数によって《六十華厳》《八十華厳》《四十華厳》と呼んで区別する。ただし,《四十華厳》は〈入法界品〉のみに相当する部分訳である。…

※「仏駄跋陀羅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

仏駄跋陀羅の関連キーワード南無阿鼻難陀阿毘羅吽欠蘇婆訶娑羅泥梨浮屠摩哆

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone