コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撥・桴・枹 ばち

大辞林 第三版の解説

ばち【撥・桴・枹】

琵琶・三味線などの弦をはじいて鳴らす道具。手元は狭くて厚く、先端はイチョウの葉形で薄い。琵琶の撥は木製、三味線の撥は木・象牙や水牛の角などでつくられる。 《撥》
太鼓・鉦鼓・羯鼓かつこなどの楽器を打ち鳴らす棒。 《桴・枹》
舞楽の舞具。還城楽げんじようらく・陵王・抜頭ばとうなどの舞人が手に持って舞う棒。 《撥・桴》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

撥・桴・枹の関連キーワードばち

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android