コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡飲酒 こんじゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胡飲酒
こんじゅ

雅楽の曲名。唐楽 (左方) 壱越 (いちこつ) 調に属する。仏哲という僧が伝えたといわれる林邑 (りんゆう) 楽の一つとする説もあるが明らかでない。舞人は頭に長い毛のある茶色の大型の面をつけ,太い桴 (ばち) を持ち,朱色の裲襠 (りょうとう) 装束を着け,1人で舞う。笛による前奏曲古楽乱声」を伴奏に登場し,「序」と「破」の2楽章を舞う。胡国の人の酒に酔った姿を模した舞といわれる。なお「破」の楽章は管弦 (器楽合奏) の曲としても演奏される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こんじゅ【胡飲酒】

雅楽の舞曲林邑楽(りんゆうがく)系の唐楽。壱越(いちこつ)調で古楽小曲。一人舞。胡国の王が酒に酔ったさまを舞にしたという。酔胡楽。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こんじゅ【胡飲酒】

雅楽,舞楽管絃の曲名。唐楽にふくまれ壱越(いちこつ)調。一人舞で走(はしり)舞。酔胡楽,宴飲楽ともいう。番舞(つがいまい)は《林歌》。面をつけ,桴(ばち)を持ち,《胡飲酒》用の別装束で舞う。胡国の王が酒を飲み,酔って舞った姿を舞にしたものという。演奏次第は《林邑乱声(りんゆうらんじよう)》(舞人登場,出手(ずるて))―《壱越調音取(ねとり)》(あるいは《迦陵頻音取》)―序(2帖,無拍節)―破(7帖,早四拍子)―破の重吹(しげぶき)(入手(いるて),退場)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こんじゅ【胡飲酒】

舞楽の一。左方・唐楽。壱越いちこつ調。古楽の一人舞で走舞。別装束で胡人風の大面をつけ、桴ばちを持ち、酔った態を舞う。酔胡楽。宴飲楽。こいんず。こんず。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

胡飲酒の関連キーワード大戸清上大戸真縄中国演劇林邑八楽多忠節舞楽面早拍子源雅実源雅定多政資走り舞雅楽乱声残楽大面

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android