コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡飲酒 こんじゅ

4件 の用語解説(胡飲酒の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胡飲酒
こんじゅ

雅楽の曲名。唐楽 (左方) 壱越 (いちこつ) 調に属する。仏哲という僧が伝えたといわれる林邑 (りんゆう) 楽の一つとする説もあるが明らかでない。舞人は頭に長い毛のある茶色の大型の面をつけ,太い桴 (ばち) を持ち,朱色の裲襠 (りょうとう) 装束を着け,1人で舞う。笛による前奏曲「古楽乱声」を伴奏に登場し,「序」と「破」の2楽章を舞う。胡国の人の酒に酔った姿を模した舞といわれる。なお「破」の楽章は管弦 (器楽合奏) の曲としても演奏される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こんじゅ【胡飲酒】

雅楽,舞楽,管絃の曲名。唐楽にふくまれ壱越(いちこつ)調。一人舞で走(はしり)舞。酔胡楽,宴飲楽ともいう。番舞(つがいまい)は《林歌》。面をつけ,桴(ばち)を持ち,《胡飲酒》用の別装束で舞う。胡国の王が酒を飲み,酔って舞った姿を舞にしたものという。演奏次第は《林邑乱声(りんゆうらんじよう)》(舞人登場,出手(ずるて))―《壱越調音取(ねとり)》(あるいは《迦陵頻音取》)―序(2帖,無拍節)―破(7帖,早四拍子)―破の重吹(しげぶき)(入手(いるて),退場)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こんじゅ【胡飲酒】

舞楽の一。左方・唐楽。壱越いちこつ調。古楽の一人舞で走舞。別装束で胡人風の大面をつけ、桴ばちを持ち、酔った態を舞う。酔胡楽。宴飲楽。こいんず。こんず。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

胡飲酒の関連情報