コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撫す ナダス

デジタル大辞泉の解説

なだ・す【×撫す】

[動サ四]《動詞「な(撫)ず」の未然形に尊敬の助動詞「す」がついたものの音変化。上代語》おなでになる。一説に、正(ただ)す意とも。
「臣の子は栲の袴を七重をし庭に立たして足結(あよひ)―・すも」〈雄略紀・歌謡〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

撫すの関連キーワード室町時代(年表)クンニリングスブキドノン族宍戸左馬之介フェラチオ修学院離宮阿弖流為柳原前光撫で摩る戊己校尉撫する未然形愛撫日蔵巡撫宣撫キス抱擁慰撫侯顕

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android