コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足結/脚結 アユイ

2件 の用語解説(足結/脚結の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あ‐ゆい〔‐ゆひ〕【足結/脚結】

動きやすいように、袴(はかま)のひざの下の辺りをくくり結ぶひも。あしゆい。あよい。
「若草の―手(た)づくり」〈・四〇〇八〉
江戸時代に富士谷成章(ふじたになりあきら)の用いた文法用語。今日の助詞助動詞などを示した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あゆい【足結】

古墳時代の男子の服装において,膝の関節の下の位置に,袴(はかま)の上から結ぶ紐のこと。脚結,脚帯とも書く。男子埴輪の多くはこれを表現している。〈足(脚)結〉は機能により,〈脚帯〉は用法によって漢字をあてたものか。《日本書紀》の雄略天皇即位前条には,〈臣(おみ)の子は栲(たえ)の袴を七重をし庭に立たして足結撫(な)だすも〉という円大臣(つぶらのおおおみ)の妻の歌を伝え,天武5年(701)正月4日条には,天皇が皇子大夫に衣(きぬ)・袴・褶(ひらおび)・腰帯(おび)とともに脚帯をそえて賜ったことを記している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

足結/脚結の関連キーワード関節強直古墳時代正丁直垂男の子征衣壮丁半月板膝皿古服

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone