コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擬議 ギギ

デジタル大辞泉の解説

ぎ‐ぎ【擬議】

[名](スル)
よく思いめぐらすこと。さまざまに論議すること。
躊躇(ちゅうちょ)すること。ためらうこと。
「かくと見るよりちっとも―せず夷子(えびす)が襟がみ引つかみ」〈露伴・日ぐらし物語〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎぎ【擬議】

( 名 ) スル
あれこれと思いはかること。 「敵已に計略はかりごとを廻めぐらせしかと少しく-して居たり/自由の凱歌 夢柳
あやぶみためらうこと。躊躇ちゆうちよ。 「敵の中へちつとも-せず走り懸る/太平記 22

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

擬議の関連キーワード参議院の特別体験プログラム太平記

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android