(読み)ギ

デジタル大辞泉の解説

ぎ【擬】[漢字項目]

常用漢字] [音](呉)(漢) [訓]はかる なぞらえる まがい もどき
どうしようかとはかり考える。思案する。「擬議
他のものと引き比べてみる。本物らしく似せる。なぞらえる。「擬音擬勢擬態擬古文擬人法擬声語模擬
[難読]雁擬(がんもどき)擬宝珠(ぎぼし)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎ‐・す【擬】

〘他サ変〙 ⇒ぎする(擬)

ぎ‐・する【擬】

〘他サ変〙 ぎ・す 〘他サ変〙
① それでないものをそれに見立てる。なぞらえる。たとえる。
※万葉(8C後)一七・三九六七・題詞「聊擬談咲耳」
※河海抄(1362頃)一「光大臣伊周公を光源氏に擬すなどいふ一義もあるか」
② まだ決まっていないことをあらかじめ当てはめる。仮に当ててみる。仮定する。
※今昔(1120頃か)九「此は此、勘当して過に擬せる五人と書けり」
※金刀比羅本保元(1220頃か)下「各(おのおの)存じの旨有らば、子細を奏聞して聖断を仰ぐべき処に、私に諍論(しゃうろん)をいたさむと擬(ギ)し、武士巷に充満する由、天聴を驚かし、叡聞に及ぶ」
③ まねる。似せる。
※太平記(14C後)二四「釈尊の十大弟子に擬して、扈従(こしゃう)(よそほひ)厳重なり」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「故に今鉄橋石室を以て西洋に擬するは易しと雖ども」
④ 当てがう。さし当てる。つきつける。押し当てる。
※兵範記‐保元三年(1158)二月二九日「殿下御盃按察使給之、被右府殿、右府殿賜権中納言
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「二万の戦隊長鎗を擬し大剣を揮ひ鬨を作て殺到せり」

まねぎ・る【擬】

〘他ラ四〙 ある形をまねる。かたどる。なぞらえる。
※大日経治安二年点(1022)三「手を擬(マネキリ)て上さまに指す」

もどかし【擬】

もどかし・い【擬】

〘形口〙 もどかし 〘形シク〙 (動詞「もどく(擬)」の形容詞化)
① 非難すべきである。気にくわない。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「かたちよりはじめ、交らひたるさまなど、もどかしきところなく」
② 思うようにならないで心がいらだっている。はがゆい。じれったい。
※宇津保(970‐999頃)内侍督「中将、いでやもどかしうこそあれ〈略〉と聞ゆるほどに」
もどかし‐が・る
〘他ラ五(四)〙
もどかし‐げ
〘形動〙
もどかし‐さ
〘名〙

もどかわもどかはし【擬】

〘形シク〙 =もどかしい(擬)〔和玉篇(15C後)〕
※三河物語(1626頃)三「しうと成時は、人をもどかわしく思ひ、臣と成時は、人にもどかるるならい成」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

擬の関連情報