コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

支出税 ししゅつぜい

2件 の用語解説(支出税の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ししゅつぜい【支出税】

ある期間の個人の消費支出総額に対して累進的に課す税。通常の消費税と異なり直接税。現在は、この税を実施している国はない。総合消費税。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ししゅつぜい【支出税 expenditure tax】

支出税は,個々の家計の消費支出水準を課税標準tax baseとして課税するもので,直接税の一種である。具体的には,家計の申告する消費支出に対して比例的な税率あるいは累進的な税率が適用され,個々の家計の税負担額が決定される。支出税は,これまで現実にはほとんど採用されたことのない税制である。しかし,J.S.ミル,A.マーシャル,I.フィッシャー,N.カルドアらの著名な経済学者によって,古くから提唱されており,最近においてもそれを支持する論調が英米を中心にして高まっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の支出税の言及

【租税】より

…アメリカもイギリスも所得税を中心として負担の公平を期すところの直接税体系であるが,フランスは付加価値税を負担の公平を期すところの租税として中心に据えた間接税体系をとっている。しかし,アメリカのサイモン報告〈根本的税制改革の青写真〉(1977)やスウェーデンのロディン報告〈累進支出税――一つの代案〉(1977),そしてイギリスのミード報告〈直接税の構造と改革〉(1978)が公表されて以来,所得税中心の租税体系から支出(総合消費)税中心の租税体系への移行をめぐり,その是非が議論されるようになっている。支出税中心の租税体系は,21世紀の租税体系といえるかもしれない。…

※「支出税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

支出税の関連キーワードエンゲルの法則国民総支出実収入非消費支出黒字赤字シングル家計ラチェット効果家計支出エンゲル法則

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

支出税の関連情報