コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

支婁迦讖 しるかせんLokakṣema

3件 の用語解説(支婁迦讖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

支婁迦讖
しるかせん
Lokakṣema

仏典翻訳僧。中央アジアの月支国の人で,支讖ともいわれる。後漢の建和1 (147) 年洛陽に来て,40年間に『般舟三昧経』『道行般若経』『首楞厳経』『阿 閦仏国経』などを訳した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しるかせん【支婁迦讖 Zhī lóu jiā chèn】

中国,後漢の霊帝・献帝のころの訳経僧。生没年不詳。支は大月氏の人であることを示し,婁迦讖はサンスクリットlokarakṣaの音訳とされ,略して支讖という。安世高よりやや遅れて洛陽にいたり,初めて大乗経典を漢訳したことで知られ,小乗経典を漢訳した安世高と対比される。とくに179年(光和2)に訳出した《道行般若経》《般舟三昧経》と《首楞厳(しゆりようごん)経》は中国の知識人に強い影響を与えた。【礪波 護】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

支婁迦讖
しるかせん

生没年不詳。アフガニスタン北部よりガンダーラ方面を支配した大月氏(だいげっし)国出身の仏典翻訳者。原名はローカクシェーマLokakema。支讖と簡称する。漢の桓帝(かんてい)末に洛陽(らくよう)にきて、霊帝(れいてい)の光和・中平年間(178~189)に『道行般若経(どうぎょうはんにゃきょう)』『首楞厳経(しゅりょうごんきょう)』『般舟三昧経(はんじゅざんまいきょう)』などを漢訳した。『道行般若経』は魏晋(ぎしん)の玄談(げんだん)(哲学的問題を論じたもの)にも影響を与え、とくに重要である。また、『般舟三昧経』は阿弥陀仏(あみだぶつ)を中国に紹介した経典として有名である。安世高(あんせいこう)と並び、最古の仏典漢訳者としてたたえられる。『出三蔵記集』によれば、訳経は13部27巻に及び、すべて大乗経典である。[丘山 新]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の支婁迦讖の言及

【大無量寿経】より

…サンスクリット原典,チベット語訳,および5種の漢訳が現存する。漢訳は支婁迦讖(しるかせん)訳(漢訳),支謙訳(呉訳),康僧鎧(こうそうがい)訳(魏訳),菩提流支(ぼだいるし)訳(唐訳),法賢訳(宋訳)であるが,前3訳に関しては訳者に疑問がもたれている。一般に用いられるのは魏訳である。…

※「支婁迦讖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone