コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

般舟三昧経 はんじゅざんまいきょうpratyutpannabuddha-saṃmukhāvasthita-samādhi-sūtra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

般舟三昧経
はんじゅざんまいきょう
pratyutpannabuddha-saṃmukhāvasthita-samādhi-sūtra

仏教経典。サンスクリット原典は散逸。漢訳本の4訳が現存。紀元前後から1世紀頃にかけて成立。般舟三昧を行じると十方の仏が行者の前に立つのを見ると説く。浄土教典の先駆として注目される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はんじゅざんまいきょう〔ハンジユザンマイキヤウ〕【般舟三昧経】

大乗経典。後漢の支婁迦讖(しるかせん)訳3巻のほか数種あるが、梵本は散逸。現存する大乗経典で初期のもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

般舟三昧経の関連キーワード浄土三部経常行三昧常行堂写経

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android