般舟三昧経(読み)はんじゅざんまいきょう(英語表記)pratyutpannabuddha-saṃmukhāvasthita-samādhi-sūtra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

般舟三昧経
はんじゅざんまいきょう
pratyutpannabuddha-saṃmukhāvasthita-samādhi-sūtra

仏教経典。サンスクリット原典は散逸。漢訳本の4訳が現存。紀元前後から1世紀頃にかけて成立。般舟三昧を行じると十方の仏が行者の前に立つのを見ると説く。浄土教典の先駆として注目される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はんじゅざんまいきょう〔ハンジユザンマイキヤウ〕【般舟三昧経】

大乗経典。後漢の支婁迦讖(しるかせん)訳3巻のほか数種あるが、梵本は散逸。現存する大乗経典で初期のもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android