コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安世高 あんせいこうAn Shi-gao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安世高
あんせいこう
An Shi-gao

[生]?
[没]170頃
中国に来た最初期の訳経者。安息国太子であったが,出家してアビダルマおよび禅経に非常に深い学識をもっていたといわれ,建和2 (148) 年頃洛陽に来,のち約 20年間にわたり三十余部の経典類の翻訳に従事。おもな訳出経典『四諦経 (したいぎょう) 』『転法輪経 (てんぼうりんぎょう) 』『八正道経 (はっしょうどうきょう) 』など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あん‐せいこう〔‐セイカウ〕【安世高】

[?~170ころ]中国、漢代の西アジアの安息国(パルティア)の王子であったが、出家して仏教を修め、中国に渡り、洛陽(らくよう)で経典の翻訳に従事した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あんせいこう【安世高 Ān Shì gāo】

中国,後漢の桓帝(かんてい)時代(147‐167)に渡来した訳経僧。生没年不明。世高は字,本名は安清,安侯ともいう。安息国(パルティア)の皇太子位を捨て出家,阿毘曇を学んだ。のち中国伝道を志し桓帝の初年,洛陽に至り,爾来20余年の間に《安般守意経》等34部40巻を訳出。後漢末の混乱にあい,廬山から予章へ達し東寺を建立,広州をめぐり北上して会稽にまで来たとき,市井の乱闘に巻き込まれ殺された。【藤善 真澄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安世高
あんせいこう

生没年不詳。中国、後漢(ごかん)の僧、仏典翻訳者。安息(あんそく)国(パルティア)の太子として生まれたが、王位を弟に譲って仏教に志した。148年ころ洛陽(らくよう)に至り、以後20余年間に30余部の経典を訳出した。当時の安息国は小乗の説一切有部(せついっさいうぶ)が盛んで、安世高もその流れを受け、禅観経典(『安般守意経(あんぱんしゅいぎょう)』『陰持入経(おんじにっきょう)』『大道地経(だいどうじきょう)』など)、阿含(あごん)経典(『人本欲生経(にんぽんよくしょうきょう)』『七処三観経(しちしょさんかんきょう)』『八正道経(はっしょうどうきょう)』など)、阿毘曇(あびどん)教理書(『阿毘曇五法経(ごほうきょう)』など)を翻訳紹介した。最初の本格的訳経者として、後世高く評価された。[末木文美士]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の安世高の言及

【湖】より

…だが神の機嫌をそこなうと,船が顚覆するなどのたたりがあり,そのため,湖中に人身犠牲がささげられることさえあった。後漢時代に中国に渡来した西域僧である安世高の伝記には,かつて安世高とともに仏道修行にはげんでいたものが大蛇に姿をかえたのが廟神の正体であるといい,安世高に絹1000匹と宝物のかずかずを喜捨して悪形から抜けだすことをもとめて以後,霊威はなくなったと伝える。しかし,六朝時代においても,宮亭湖廟神に関する伝説はとぼしくない。…

※「安世高」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

安世高の関連キーワード総合年表(北・東・東南アジア)支婁迦讖六方礼経大蔵経坐禅

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android