コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

首楞厳経 しゅりょうごんきょう

3件 の用語解説(首楞厳経の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

首楞厳経
しゅりょうごんきょう

悟りを得る最も端的な方法として首楞厳三昧を説く『首楞厳三昧経』 Śūraṃgamasamādhi-sūtraのこと。この経典には長大なものと簡略なものとがあったらしいが,サンスクリット語の原典は断片的に伝えられるのみ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅりょうごん‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【首楞厳経】

「首楞厳三昧経」の略称。2または3巻。4~5世紀に鳩摩羅什(くまらじゅう)が漢訳。仏が堅意菩薩の請いに応じて、頓証菩提(とんしょうぼだい)の法として首楞厳三昧を説いたもの。
「大仏頂如来密因修証了義諸菩薩万行首楞厳経」の略称。10巻。般刺密帝(ばんらみたい)訳。禅法の要義を説いたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅりょうごんぎょう【首楞厳経】

「首楞厳三昧経」の略。二または三巻。鳩摩羅什くまらじゆう訳。はやく悟りに至るための三昧として、首楞厳三昧を説く。
「大仏頂如来密因修証了義諸菩薩万行首楞厳経」の略。一〇巻。般剌蜜帝訳とされる。禅法を説く。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone