首楞厳経(読み)しゅりょうごんきょう

  • しゅりょうごんきょう ‥キャウ
  • しゅりょうごんぎょう
  • しゅりょうごんぎょう〔ギヤウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

悟りを得る最も端的な方法として首楞厳三昧を説く『首楞厳三昧経』 Śūraṃgamasamādhi-sūtraのこと。この経典には長大なものと簡なものとがあったらしいが,サンスクリット語原典は断片的に伝えられるのみ。また,般刺蜜帝『大頂如来密因修証了義諸菩薩万行首楞厳経』 (10巻) も同じく『首楞厳経』と略称されるが,これは『首楞厳三昧経』の大型のものの中国訳とも,中国撰述の疑経であるとも考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

「首楞厳三昧経」の略称。2または3巻。4~5世紀に鳩摩羅什(くまらじゅう)漢訳。仏が堅意菩薩の請いに応じて、頓証菩提(とんしょうぼだい)の法として首楞厳三昧を説いたもの。
「大仏頂如来密因修証了義諸菩薩万行首楞厳経」の略称。10巻。般刺密帝(ばんらみたい)訳。禅法要義を説いたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

「首楞厳三昧経」の略。二または三巻。鳩摩羅什くまらじゆう訳。はやく悟りに至るための三昧として、首楞厳三昧を説く。
「大仏頂如来密因修証了義諸菩薩万行首楞厳経」の略。一〇巻。般剌蜜帝訳とされる。禅法を説く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] 仏書。三巻。秦の鳩摩羅什訳。首楞厳三昧について説く。首楞厳三昧経。
[二] 仏書。「大仏頂如来密因修証了義諸菩薩万行首楞厳経」の略名。一〇巻。般剌蜜帝訳とされるが、中国での偽経と考えられている。修禅・耳根円通などについて禅法の要義を説いた経。一名、中印度那陀大道場経、大仏頂経。通常、「首楞厳経」というと、これを指すことが多い。
※今昔(1120頃か)六「首楞厳経を講ずるを以て業とす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android