コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

支配状 しはいじょう

1件 の用語解説(支配状の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しはいじょう【支配状】

古代・中世,荘園領主等の支出配分状。この場合の支配は配分することであり,下行帳ともいう。荘園等から年貢・地子を収取した領主の側において,それらの年貢等を家内経済流通機構にあわせて配分するにあたり,その経理状況を明示した文書。現地から年貢等が到来した段階で,領家内において,たとえば納所公文といわれるような出納の実務にあたる者が作成した。その記載事項は,到来額から,本家にたいする所役がある場合はその分を送進し,運送についての経費を除いたあと,あらためて現地の収納斗から領家の計量斗にはかりなおし(斗出),それを各用途別に分配した額を書きあげている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

支配状の関連キーワード井料請所荘官百姓請領家対捍補任状市場銭荘家点札

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

支配状の関連情報