コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

改正貸金業法

1件 の用語解説(改正貸金業法の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

改正貸金業法

多重債務を防ぐため2010年6月に完全施行。個人が借金できる総額を年収の3分の1に制限する「総量規制」が盛り込まれた。出資法の金利上限も29.2%から20%に引き下げられ、利息制限法による上限金利(15~20%)との間で矛盾が指摘されていた「グレーゾーン」が撤廃された。

(2012-04-16 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

改正貸金業法の関連キーワード整理屋多重債務多重債務者多重多額債務土留自治体の相談窓口多重債務者の相談多重債務者対策多重債務者包括的支援プログラム多重債務問題と貸金業規制強化

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

改正貸金業法の関連情報