コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射線管理区域 ホウシャセンカンリクイキ

デジタル大辞泉の解説

ほうしゃせん‐かんりくいき〔ハウシヤセンクワンリクヰキ〕【放射線管理区域】

放射線障害の発生を防止するために法令に基づいて定められる区域放射線障害防止法医療法労働安全衛生法などでそれぞれ規定されている。放射線障害防止法施行規則では、実効線量が3か月あたり1.3ミリシーベルトを超えるおそれのある場所や、空気中の放射性同位元素の濃度あるいは汚染した物の表面に付着した放射性同位元素の密度が国の定める基準を超えるおそれのある場所を管理区域としている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

放射線管理区域

原子炉施設や放射線医療施設などで3カ月に1・3ミリシーベルト(年間5ミリ相当)を超える恐れのある区域。立ち入りなどが制限される。

(2016-04-17 朝日新聞 朝刊 福島中会・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放射線管理区域の関連情報