放物線図法(読み)ほうぶつせんずほう(英語表記)parabolic projection

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1929年にイギリスの J.クラスターが考案した世界図に用いる正積擬円筒図法。中央経線を除いて経線はすべて放物線で描かれている。理論上はモルワイデ図法サンソン図法との中間的な形状のいろいろな表わし方が可能となる。クラスターは放物線の代りに双曲線を用いた双曲線図法も述べており,それはサンソン図法に類似する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android