臨監(読み)りんかん

精選版 日本国語大辞典「臨監」の解説

りん‐かん【臨監】

〘名〙
① その場に臨んで、監督または監視を行なうこと。また、その人。
延喜式(927)一一「即少納言中務輔寮助以上臨監」 〔国語‐楚語上〕
② 特に、第二次世界大戦前、警察官などが興行演説会などに立ち会って監視や取り締まりをしたこと。また、その人。
東京日日新聞‐明治一五年(1882)六月七日「保安課と云ふを設けられ、演説劇場祭礼などへ臨監する等の事務を管掌せしめ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「臨監」の解説

りん‐かん【臨監】

その場に行って監督や監視をすること。特に、第二次大戦前、警官が演説会場や興行の現場に立ち会って、監視・取り締まりを行ったこと。「臨監の警官」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android