集会条例(読み)しゅうかいじょうれい

日本大百科全書(ニッポニカ)「集会条例」の解説

集会条例
しゅうかいじょうれい

自由民権運動の弾圧を目的とした明治時代前期の法律。西南戦争後、政談演説会などを通じて自由民権運動は広がり、1879年(明治12)から80年にかけて国会開設請願運動として空前の高揚をみせた。こうした状況に直面した政府は、80年4月5日この条例を制定した。内容は、政談演説会・政社は事前に警察署に届け出て認可を受けること、会場監視の警察官に集会解散権を与えること、軍人教員・生徒の政治活動を禁止すること、などであった。同年12月、警視長官・地方長官に政治結社解散権と管内における1年以内の演説禁止権を与えるように改正。82年6月には、内務卿(きょう)に1年以内の全国での演説禁止権を与え、政治結社の支社設置を禁止するなどの改正を行った。集会・結社の自由を奪うこの条例が自由民権運動に及ぼした障の大きさは計り知れない。90年7月25日公布集会及政社法に継承された。

[大日方純夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「集会条例」の解説

集会条例
しゅうかいじょうれい

明治 13年太政官布告 12号。自由民権運動弾圧のため,1880年4月5日に太政官が布告した法律。政治結社や集会を届け出制にしたほか,私服警官の集会場への派遣や,軍人,警官,教員,生徒らの政治結社および集会への参加禁止などが定められた。 82年6月3日には自由党地方部を非合法化するために支社設置を禁止するなど大幅な改正追加を行い,その威力を拡大した。 90年 11月に公布された集会及政社法に引継がれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「集会条例」の解説

集会条例【しゅうかいじょうれい】

1880年太政官布告として制定された集会結社の自由を取り締まる法令自由民権運動の弾圧がねらい。政治結社や集会を届出制とし,集会場に制服警察官が臨席し,演説の内容によって集会を解散させ,この処分を受けた結社を禁止することができた。1890年廃止,集会及政社法に引き継がれ,のち治安警察法に発展した。
→関連項目嚶鳴社言論・出版・集会・結社等臨時取締法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社日本史事典 三訂版「集会条例」の解説

集会条例
しゅうかいじょうれい

明治前期の集会・結社の取締り法規
1880年,全国に拡大しつつあった自由民権運動を弾圧するために公布。集会の事前届出,集会の宣伝禁止,他の政治結社との連絡禁止などを規定した。'82年さらに改正・強化し,学術会議まで取り締まった。'90年「集会及政社法」に代えられたが,本質は変わらなかった。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「集会条例」の解説

しゅうかい‐じょうれい〔シフクワイデウレイ〕【集会条例】

明治13年(1880)政府が自由民権運動を弾圧するために制定した法令。集会・結社を厳しく規制したもので、のち、「集会及政社法」、さらに「治安警察法」に引き継がれた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「集会条例」の解説

しゅうかい‐じょうれい シフクヮイデウレイ【集会条例】

〘名〙 明治一三年(一八八〇)自由民権運動を取り締まるために公布された法令。集会および結社に大きな制限を与え、のちの集会及政社法、さらに治安警察法へと引き継がれた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「集会条例」の解説

しゅうかいじょうれい【集会条例】

自由民権運動の規制を目的とした法律。1878年7月政府は愛国社再興を目ざす自由民権運動の高まりに対抗して,政治結社,集会に対する警察官の視察と,民心扇動,国安妨害と認めるものの禁止を命じた。しかし自由民権運動は国会開設請願運動として全国的に高揚を見せ,80年3月には国会期成同盟が結成された。こうした状況に対して政府は同年4月5日集会条例を制定し,政談演説会,政治結社は事前に警察署に届け出て許可をうけること,警察署は国家の安全に害ありと認めたときは許可しないこと,会場監視の警察官に集会解散権を与えること,軍人・教員・生徒の政治活動を禁止すること,集会の広告,政治結社相互の連絡,屋外集会を禁止することなどを定め,弾圧体制を強化した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android