敗毒散・排毒散(読み)はいどくさん

精選版 日本国語大辞典の解説

はいどく‐さん【敗毒散・排毒散】

〘名〙 近世、広く愛用された売薬。人参・甘草・陳皮などをもって製し、頭痛、せき、かぜなどに効があった。
※蔗軒日録‐文明一六年(1484)四月一八日「与敗毒散五色」 〔玉機微義‐滞下治法〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android