風邪薬(読み)カゼグスリ

  • 風邪薬/風薬

デジタル大辞泉の解説

風邪を治すために用いる。かざぐすり。 冬》
《熱くして飲むと風邪に効くとされるところから》酒のこと。
「まるで業を廃したら、―の小遣いどりができぬわえ」〈魯文安愚楽鍋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

現在使用されている風邪薬は解熱と鎮痛の効果をねらったもので,アスピリンアセトアミノフェン),エテンザミドカフェインなどを主薬とし,これに抗ヒスタミン薬鎮咳(ちんがい)薬を加えたものである。葛根湯(かっこんとう)などの漢方処方も効果がある。いずれも初期に用いることが大切。一般用医薬品市場では〈総合感冒薬〉として種々の会社から販売されている。
→関連項目風邪

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

風邪(感冒)に対する対症療法として用いる薬の通称。風邪の原因は未確定であるので,原則として原因療法は不可能である。そこで,風邪による呼吸器系の炎症主体とした諸種の症状を緩和する目で風邪薬が用いられる。風邪の症状としては,鼻みず,鼻づまり,のどの痛み,せき),痰(たん),発熱頭痛,関節や筋肉痛下痢等がある。症状の多様性に対応して次のような各種の薬物が配合される。
抗ヒスタミン薬
 抗ヒスタミン剤ともいう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 風邪の治療に用いる薬。《季・冬》
※浄瑠璃・源氏冷泉節(1710頃)上「敗毒散(はいどくさん)の風ぐすり、これぞあせかき、のりものかき」
② 酒の異称。風邪をひいたときに酒を熱くして飲むところから。
※雑俳・童の的(1754‐75)一「雑兵に汲つくされる風くすり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の風邪薬の言及

【風邪】より

…室内の温度,湿度に気をつけ,高カロリーで消化のよいものをとらせ,水分を十分に与えるとよい。発熱,頭痛,咳などの症状の軽減のために,いわゆる風邪薬が用いられるが,これらは,本来ウイルス感染には無効であり,病状を和らげるだけにすぎないので,過信して,過労になることは避けなければならない。 予防については,インフルエンザを除いて有効なワクチンはない。…

※「風邪薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風邪薬の関連情報