コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永治 エイジ

大辞林 第三版の解説

えいじ【永治】

年号(1141.7.10~1142.4.28)。保延の後、康治の前。崇徳すとく・近衛天皇の代。えいち。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

えいじ【永治】

日本の元号(年号)。平安時代の1141年から1142年まで、崇徳(すとく)天皇、近衛(このえ)天皇の代の元号。前元号は保延(ほうえん)。次元号は康治(こうじ)。1141年(保延7)7月10日改元。辛酉革命(しんゆうかくめい)を理由に行われた改元で、辛酉は天命が改まる年(王朝がが交代する革命の年)とされる。『魏文典論(ぎぶんてんろん)』および『晋書(しんじょ)』を出典とする命名。崇徳天皇は1123年(保安(ほうあん)4)に父鳥羽(とば)天皇の譲位により即位したが、鳥羽は上皇として院政を行った。その後、両者は不和となり、崇徳は1141年(永治1)には鳥羽から体仁(なりひと)親王(近衛天皇)への譲位を迫られ、上皇となった。崇徳は後に、病死した近衛に代わった後白河(ごしらかわ)天皇とも対立し、これが保元(ほうげん)の乱の原因となる。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

永治の関連キーワード日吉神社(秋田市)鳥取20世紀梨森山新五左衛門妍子内親王二条院讃岐宗意(1)僧綱補任藤原顕頼辛酉革命藤原教長藤原基俊崇徳天皇美福門院千葉胤正藤原聖子藤原宗家熊谷直実藤原宗忠藤原朝方保元の乱

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永治の関連情報