コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永治 エイジ

大辞林 第三版の解説

えいじ【永治】

年号(1141.7.10~1142.4.28)。保延の後、康治の前。崇徳すとく・近衛天皇の代。えいち。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

えいじ【永治】

日本の元号(年号)。平安時代の1141年から1142年まで、崇徳(すとく)天皇、近衛(このえ)天皇の代の元号。前元号は保延(ほうえん)。次元号は康治(こうじ)。1141年(保延7)7月10日改元。辛酉革命(しんゆうかくめい)を理由に行われた改元で、辛酉は天命が改まる年(王朝がが交代する革命の年)とされる。『魏文典論(ぎぶんてんろん)』および『晋書(しんじょ)』を出典とする命名。崇徳天皇は1123年(保安(ほうあん)4)に父鳥羽(とば)天皇の譲位により即位したが、鳥羽は上皇として院政を行った。その後、両者は不和となり、崇徳は1141年(永治1)には鳥羽から体仁(なりひと)親王(近衛天皇)への譲位を迫られ、上皇となった。崇徳は後に、病死した近衛に代わった後白河(ごしらかわ)天皇とも対立し、これが保元(ほうげん)の乱の原因となる。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

永治の関連情報