コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教示制度 キョウジセイド

デジタル大辞泉の解説

きょうじ‐せいど〔ケウジ‐〕【教示制度】

行政処分に不服のある者が、不服申し立ての方法を知らないために救済の機会を失うことのないように、その手続きを教示することを行政庁に義務づけている制度。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうじせいど【教示制度】

行政処分に不服をもつ者が、不服申し立ての方法を知らないために不利益を受けないように、その手段の教示を行政庁に義務づけた制度。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

教示制度
きょうじせいど

行政不服申立ての方法を教えることを行政庁に義務づける制度。行政処分に不服をもつ者が不服申立ての仕方を知らないために救済の機会を失うことのないよう、行政不服審査法第57条により導入された。不服申立てをすることができる処分を書面でする場合には、処分の相手方に対し、当該処分につき不服申立てをすることができる旨、ならびに不服申立てをすべき行政庁および不服申立てをすることができる期間を教示しなければならない。行政庁は、利害関係人から、当該処分が不服申立てをすることができる処分であるかどうか、ならびに当該処分が不服申立てをすることができるものである場合に、不服申立てをすべき行政庁および不服申立てをすることができる期間につき教示を求められたときは、当該事項を教示しなければならない。教示を求めた者が書面による教示を求めたときは、当該教示は書面でしなければならない。[阿部泰隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android